出産祝いっていつどんなタイミングで渡せばいいの?

出産は人生のビッグイベント。無事に終えたお祝いの気持ちを込めてご家族にプレゼントを渡すのであれば、心から喜んでもらえるものを差し上げたいと思いますよね。基本的には相手の立場に立ち欲しいと思えるものを考えて贈れば大丈夫ですが、ただこの出産祝い、どういったタイミングで渡すのが正解なのか、悩みがちではないでしょうか。

何が起こるかわからない命がけの大変な出来事ですから、出産を終えてすぐというのもお疲れのところご迷惑かもしれませんよね。とはいえ、遠慮をしてあまり日にちを置きすぎてしまっても上げ時を失ってしまいそう、なかなか難しいところです。

タイミングとしては一般的に生後7日後から、母子ともに落ち着いてきて生後1ヶ月を迎えるまでの間に贈るものだとされています。昨今では出産から1週間ほどで退院するかたが多いので、親しい間柄であれば赤ちゃんとともにお母さんが帰宅されてからでも遅くはありません。病院へのお見舞いついでにお渡しするのもいいのですが、荷物になってしまいますしね。様子を見て、どちらも健康に過ごしていることを確認してから贈れば、少なくとも空気を読まずにお祝いをした、何てことにはならないという安心感もあります。
ただし、突然のサプライズで贈りものをするのは控えておいたほうが賢明。デリケートな時期ですから、事前に連絡をして体調は大丈夫か、会いに行っても問題ないか確認をしてから出産祝いを持って足を運ぶようにしてくださいね。

それから、最近ではお母さんを気遣って出産前にお祝いを贈るかたも多くなりました。仕事などで忙しく出産祝いを渡すのが遅くなってしまいそうだという場合には、時間のある時に妊娠中のお母さんの身体を気遣うような贈りものをするというものアリですよ。
出産に向けて赤ちゃんのものを用意することを優先して、自分のことに気遣う余裕がなくなってくる時期ですから、この場合には健康に過ごせるような妊婦向けの飲みものやリラックスグッズ、美容アイテムなどがおすすめです。